top of page

安全が1番!オンラインカジノ



オンラインカジノ

各国のカジノライセン事情を含む、オンラインカジノやスポーツベットで遊ぶみなさんにも、ぜひ読んでいただきたい大切なお話です。まずは、責任のあるゲームポリシーの改訂についてのお話をさせていただきます。


Kansspelautoriteit(KSA)

オランダのゲーミング機関Kansspelautoriteit(KSA)、よりゲームプロバイダーの注意義務についての解釈を調査した報告書を出した後、新しいルールがアップデートされたようです。内容としては、


  • 新ルールでは、プロバイダーがオンラインゲームを効果的に監視し、中毒のサインを1時間以内に認識することが求められる。

  • プレーヤーが1か月に700ユーロ以上を入金する場合、プロバイダーは収入の証明を要求し、18-24歳の場合は300ユーロに減額。

  • プレーヤー保護と広告に関するガイダンスが強化。


とされていて、早くても2024年4月1日に正式発表されるようです。規制は厳しくなっても楽しく遊べるのには間違い無いので、居住されている方はルールを守りながらオンラインカジノやスポーツベットを楽しんでくださいね!


オランダの次は、ヨーロッパに居住するみなさんに!特にフランス在住の日本人の方には朗報となる可能性も。



安全なオンラインカジノの取り組み

イタリアでは現在、オンラインギャンブルに関する法令の変更が検討されています。その中で、提案されたライセンス料の引き上げが懸念されています。地元の広告禁止や他の市場制限と組み合わせると、この変更が新規参入者にとって市場が閉ざされ、既存の事業者が撤退する可能性が高まります。同時に、提案の変更がEU法にどれだけ適合しているかにも疑問が投げかけられています。


一方で、EGBAは今月初め、フランスに対しても各種オンラインカジノゲームの合法化を要請しました。合法化により、プレイヤーはオンラインカジノをよりよく理解し、危険なサイトと安全なサイトを見分ける手段を持つことができます。現在フランスでは、登録している一部オペレーターのみが合法化されています。この要請には、イタリアのブラックマーケットが年間10億以上と言われる市場で、プレイヤーが無防備な状態にある可能性があるという懸念が影響しています。そのため、法的な枠組みが整備されることで、プレイヤーの安全性が向上すると期待されています。



各国のギャンブルライセンス状況

各国のギャンブルライセンスに関する状況は多岐にわたり、詳細な情報は変更される可能性があるため、必要がある際に最新の情報を確認することが重要です。ここに記載されている情報は2023年12月現在の情報ですので、参考までに。オンラインカジノを安全に楽しく遊ぶには、まず自分がどこに居住しているのか、旅行先では合法なのか?を知っておく必要があります。


日本

日本では現在、カジノの合法化が進行中です。Integrated Resort(IR)実施法が施行され、IRエリアでのカジノ事業が許可される予定です。日本在住の皆さんがオンラインカジノで遊べる日もそう遠く無いかもです!揺れる大阪カジノ建設ですが、1日も早くランドベースカジノで遊べる日がくると良いですね。


中国

アジアでカジノいえばマカオでは無いでしょうか?しかしながら中国では本土でのカジノは合法ではありません。マカオ特別行政区では合法的にカジノが営業されています。


カナダ

カナダでは各州と地域が独自のギャンブル規制を持っており、オンタリオ、ケベック、ブリティッシュコロンビアなど一部の州でオンラインカジノが合法とされています。


ドイツ

ドイツでは2021年に新しいオンラインギャンブル法が導入され、オンラインカジノが合法となりました。ライセンスは州ごとに異なります。


インド

インドでは、各州が独自のギャンブル法を持っており、一部の州ではカジノが合法となっています。そうで無い州では違法となってしまいますので、旅行に出かけた際の参考に覚えておいてください。


ニュージーランド

ニュージーランドでは、カジノは合法ですが、オンラインギャンブルは国内で提供することは禁止されています。国外のサイトへのアクセスは可能です。


イギリス

イギリス賭博委員会(UK Gambling Commission)がライセンスを管理しています。オンラインカジノ、ブックメーカー、ビンゴ、宝くじなど、さまざまなギャンブル形態に対するライセンスが存在します。ロンドンの街を歩いていると、ウィリアムヒルズの看板がある日本でいう馬券場みたいな場所がたくさんあるんです。さすがは・・といったところですね。


マルタ

マルタ賭博庁(Malta Gaming Authority)は、オンラインギャンブルに関するライセンスを発行しています。マルタは欧州の多くのオペレーターにとって重要な拠点となっています。


キュラソー

キュラソー政府は、キュラソー政府ギャンブル委員会(Curaçao eGaming)を通じてオンラインギャンブルのライセンスを発行しています。厳格で有名なライセンスと言われています。


アイルランド

アイルランドにはギャンブル制度があり、ライセンスはアイルランド税関と統計庁(Revenue Commissioners)によって管理されています。


オーストラリア

オーストラリアでは各州が独自のギャンブル規制を持っており、ライセンス発行機関も異なります。一部の州ではオンラインギャンブルが合法ですが、一部の形態は禁止されています。


アメリカ

各州が独自のギャンブル法を持っており、オンラインギャンブルの合法性は州によって異なります。一部の州ではオンラインカジノやスポーツベッティングが合法となっています。


シンガポール

シンガポールは一部の合法なギャンブルを認めていますが、オンラインカジノは合法ではありません。カジノは専用の施設でのみ提供されています。有名なMarina Bay SandsやResorts World Sentosaなどのカジノは法的に営業されています。


フランス

フランスでは、カジノやオンラインギャンブルは一部合法です。オンラインギャンブルはARJEL(Online Gaming Regulatory Authority)によって管理されているオンラインカジノ、またはカジノのみが合法となっています。


スペイン

スペインでは、オンラインギャンブルは合法で、DGOJ(Dirección General de Ordenación del Juego)が規制を担当しています。スポーツベッティング、オンラインカジノ、ポーカーなどが含まれます。


南アフリカ

南アフリカでは、オンラインギャンブルは非合法で、国内のオペレーターに対するライセンスも発行されていません。一方で、一部の州では地元のカジノが合法的に運営されています。合法的に運営されている地域として、

  • ゴールドリーフシティ(ハウテン州)

  • モンテカジノ(ハウテン州)

  • サンコーストカジノ(クワズール・ナタール州)

  • グランドワストカジノ(ウェスタンケープ州)

などがあります。


アルゼンチン

アルゼンチンでは、地元のカジノやブックメーカーが合法ですが、オンラインギャンブルは一部の州で合法的に提供されています。


オランダ

オランダでは、オンラインギャンブルが合法化され、Kansspelautoriteit(ギャンブル当局)が規制を担当しています。ライセンスが発行され、オンラインカジノやスポーツベッティングが提供されています。


ノルウェー

ノルウェーでは、国営のNorsk TippingとNorsk Rikstoto以外のオンラインギャンブルが非合法です。ノルウェー政府は市場の規制を強化しています。Norsk TippingとNorsk Rikstotoに登録がないとダメということになります。


ロシア

ロシアでは、一部のカジノは特定の地域において合法ですが、オンラインギャンブルは複雑な法律により規制されています。一部の国外のオペレーターはアクセスが制限されています。シャットアウトということですね。


韓国

韓国では、カジノは済州島などの一部の指定地域で合法ですが、大部分の国内でのオンラインギャンブルは禁止されています。


ブラジル

ブラジルでは、2021年に法律が改正され、オンラインスポーツベッティングが合法化されました。ただし、カジノゲームやポーカーはまだ合法化されていません。ホリデー中に間違っても参加してしまわないように!


トルコ

トルコでは、オンラインギャンブルは非合法です。国内において地元のカジノも禁止されています。トルコ政府はギャンブルに対して厳格なスタンスを維持しています。


インドネシア

インドネシアでは、イスラム教が国教であるため、ギャンブルは一般的に非合法とされています。地元の住民には入場制限がありますが、外国人は特定の施設でカジノゲームを楽しむことができます。


ベトナム

ベトナムでは、国内の住民はカジノでのギャンブルが禁止されていますが、外国人は一部の施設でプレイできます。オンラインギャンブルは法的にNG。


フィリピン

フィリピンでは、カジノは合法であり、PAGCOR(フィリピンアミューズメント・ゲーミング公社)が規制を担当しています。オンラインギャンブルも法的に提供されています。和多くのオペレーターがPAGCORよりランセンスを取得していることでも有名ですね。


サウジアラビア

サウジアラビアでは、イスラム法に基づいてすべての形態のギャンブルが厳格に禁止されています。


アイスランド

アイスランドでは、カジノが非存在であり、オンラインギャンブルも合法ではありません。国内でのギャンブルは非常に制限。


アラブ首長国連邦(UAE)

UAEでは、ほとんどの形態のギャンブルが非合法です。ドバイを含むエミレーツの多くでギャンブルは厳格に制限されています。


クロアチア

クロアチアでは、カジノやオンラインギャンブルが合法で、Hrvatska Lutrijaが国内のギャンブルを規制しています。


フィンランド

フィンランドでは、Veikkaus Oyと呼ばれる国有のギャンブル会社がカジノやオンラインギャンブルを運営しています。


と、今現在なっていますので、うっかり間違えちゃったりしないようにしてくださいね!


オンラインカジノの安全性を判断する基準

安全なオンラインカジノを見極めるには以下の5つの基準が重要です。


  • カジノ運営ライセンスの有無

  • 運営会社の表記と実績

  • 入出金実績の評判口コミ

  • 日本語サポートの有無

  • 第三者機関によるチェック


これらの基準をクリアしたオンラインカジノは、ライセンスの審査を通過し、プレイヤー数が多いことから信頼性が高いと言えます。ライセンス発行国や上場企業が運営するカジノは特に安全性が高いとされています。オンラインカジノで遊ぶときにはこのポイント忘れないでくださいね!


Komentar

Dinilai 0 dari 5 bintang.
Belum ada penilaian

Tambahkan penilaian
bottom of page