top of page

【UFC297】試合前見どころ解説!憎しみ合うストリックランドとデュ・プレシ!

こんにちは!当サイトにて格闘技に関する記事を執筆しているSUNNYです。あけましておめでとうございます!皆さんは何をして年越しを迎えましたか?私は格闘技好きらしくRIZINを見て過ごしていました(笑)格闘技界も激動の2023年を終え新たな年が始まりました。2024年の最初の大きな大会はUFC297!ミドル級タイトルマッチ含め見ごたえのあるカードが並んでいるこの大会の見どころを解説していきます!


ⒸUFC

ⒸUFC


UFC297メインイベント ストリックランドvsデュ・プレシの見どころ

UFC 2024年の一発目UFC297のメインイベントはミドル級タイトルマッチ!王者 ストリックランドが挑戦者 デュ・プレシに防衛を目指す試合だ。UFCミドル級の新たな幕開けとなった2023年。その渦の中心にいる2人がただならぬ思いを持って激突する!



UFC297で防衛を目指すミドル級王者 ショーン・ストリックランドとはどんな選手か?

ストリックランドはアメリカ出身の32歳の格闘家。戦績は28勝5敗。ボクシングを主体としたファイトスタイルで構えを高くしてズンズンと相手に近づいてくる。決して派手さがある戦い方ではないが堅実なボクシング技術で多くの強豪相手に勝利を収めてきた。


彼は個性的なファイターの多いUFCの中でも異彩を放ち、そのガサツな性格から問題発言や問題行動をたびたび起こしてきた。試合中、相手をぶん殴りながら「もっと打って来いよ!」や「あと10秒しかないぞ!来い!」などの言葉を相手にかけている(笑)格闘家にサイコパスとか戦闘狂といった要素をプラスしたのがストリックランドというファイターなのだ。世界最高レベルの選手なのは間違いないが去年まではランキングの中位付近から抜け出せないでいた。そんな彼に転機が訪れたのが去年9月のアデサニヤ戦だ。



ⒸUFC

ⒸUFC


イスラエル・アデサニヤはミドル級の絶対王者であり、これまでに5度の防衛記録を持ちミドル級では敵がほぼいない状態となっていた。ランキング上位陣も一掃してしまったため当時ランキング5位のストリックランドにチャンスが回ってきたのだ。試合前のオッズではアデサニヤが1.16倍、ストリックランドが6.20倍と圧倒的不利であったが試合が始まると1Rに右ストレートでアデサニヤからダウンを奪い、その後も先程言ったボクシングスタイルでプレッシャーを与え続け完封!なんと絶対王者相手に見事な判定勝ちを収めたのだ。この勝利は総合格闘技界を揺るがすような大きな勝利でUFCも2023年の最も素晴らしかったアップセットにこの試合を選んだ。



ⒸUFC

ⒸUFC


素晴らしい勝利を収めたストリックランドであったが昨年12 月になんとUFCの試合会場で大乱闘を起こしている。UFCを見に来ていたストリックランドであったが、自分が座っている席のすぐ後ろに座っていたのが対戦予定のドリカス・デュ・プレシだったのだ!2人は対戦が決まってから会見で罵り合い、特にストリックランドは自身の生い立ちを馬鹿にされ思うところがあったようだ。その試合会場でも煽り合いがあったようで、一般客が近くにいる中ストリックランドはデュ・プレシに殴りかかり周りは騒然!一足早い試合開始になってしまったわけだ。



ⒸUFC


UFC297で王座奪取を狙うドリカス・デュ・プレシとはどんな選手か?

前述のとおり、ストリックランドと乱闘を起こしたのがミドル級ランキング2位であり、21日に王座に挑戦するドリカス・デュ・プレシだ。デュ・プレシは南アフリカ共和国出身の29歳の格闘家で戦績は20勝2敗。身長185cm、リーチ190cmと恵まれた体躯を持ち、外国人特有の体格からか数字以上に体が大きく見える。これまでの20勝のうちKO勝利が9回、一本勝ちが10回ととんでもないフィニッシュ率を収めている。粗削りな部分はあるものの類まれなる攻撃力を発揮しUFCではまだ無敗のファイターだ。


ⒸUFC

ⒸUFC


彼の弱点はスタミナにあるという意見も多く、これまでの試合を見ていてもすぐに疲れてヘロヘロになってしまっている場面も多い。というのも彼はこれまで鼻に問題を抱え鼻から8%の酸素しか吸えなかったというのだ。しかし昨年の4月に手術を行いこの問題を解決した。そこからストリックランドに続きデュ・プレシもアップセットを成し遂げた。それは昨年7月のロバート・ウィテカーとの一戦だ。ウィテカーは当時ランキング2位で王者になった経験もある超強豪ファイターだ。前述した絶対王者アデサニヤとも2度対戦しており2度目の対戦ではウィテカーが勝っていたのでは?と言われるほどの実力の持ち主だ。戦前の予想でもウィテカー勝利予想が濃厚だったが、大方の予想を裏切り2Rデュ・プレシがパンチを効かしKO勝利。大金星を勝ち取ったのだ。つまり2023年のUFCミドル級は階級の顔であった2人がまさかの敗北を喫し、新時代の幕開けを感じさせた年だったのだ。



Ⓒtalksport


ストリックランドvsデュ・プレシ 試合展開の予想とオッズ!

では試合はどのような展開になるか?読みにくい試合ではあるが見ておきたいポイントは主導権争いだ。どちらもアグレッシブなファイターでプレッシャーをガンガンかけてくる。試合が始まった時どちらがリングの中央に立つのか?ぜひ注目をしてほしい。そしてもう1点はスタミナだ。ストリックランドは同じペースで5Rを戦い抜くことが出来る。デュ・プレシは鼻の手術をしてから長期戦をした経験がないため、もし仮にデュ・プレシがスタミナ切れを起こすようなら戦闘狂のストリックランドはその機会を絶対に逃さない。いつものように興奮状態で打撃をぶち込んでくるであろう。防衛か?新王者か?この戦いファンはどう予想しているのか?


Sportsbet.ioのオッズではストリックランドが1.75倍、デュ・プレシが1.97倍と拮抗しておりファンも予想が難しい試合になっている。オッズとしてはベットしにくいかもしれないが、この数字は当日まで変化していく。二人の過去の試合を見てどちらが勝つか予想するのもいいかもしれない!



Sportsbet.io

UFC297注目試合 アーノルド・アレンvsモフサル・エフロエフの見どころ

セミメインには女子のバンタム級の試合があるが、取り上げたいのはフェザー級の一戦だ。メインカードにはフェザー級3位のアーノルド・アレンと9位のモフサル・エフロエフが組まれている。この試合もファンにとっては珠玉の一戦で29歳同士の未来あるファイターがつぶし合うのだ。


UFC297で戦う好戦的なファイター アーノルド・アレンとはどんな選手?

アレンは戦績19勝2敗の非常に完成されたファイターで、昨年4月まではUFC無敗であった。印象深い試合は2022年3月のフッカーとの一戦ではないだろうか?激闘を好むフッカーに対して打撃を効かせてそのまま怒涛の攻撃を浴びせ2分半でKO勝利を収めた。アレンは今後タイトル戦線に絡んでくると予想される。


スポーツべットアイ・オー


UFC297で戦う無敗のモフサル・エフロエフとはどんな選手?

そのアレンと対峙するのがエフロエフ!17勝0敗のファイターでこれまで負けたことのないのだ。エフロエフはバランスの取れたファイターでフィニッシュ率こそ高くはないが安定的にこれまで勝利を収めている。これから先が期待される選手だがエフロエフにとってもアレンほどの強豪と戦ったことは無いだろう。無敗という幻想を抱かれがちな選手の地力が見える試合になるだろう。



スポーツべットアイ・オー


アーノルド・アレンvsモフサル・エフロエフ 試合展開の予想とオッズ!

2人とも打撃も寝技も高いレベルでこなすことが出来るため非常に拮抗した試合になると予想される。スポーツベットアイオーのオッズではアレンが2.27倍、エフロエフが1.56倍とランキングが下のエフロエフがフェイバリットとなっている。やはり無敗が抱かせる期待!恐ろしい!それだけエフロエフが評価されているということだと思うが一筋縄ではいかないだろう。



スポーツべットアイ・オー

以上注目2カードを紹介したが、ラケル・ペニントンとマイラ・ブエノ・シウバのバンタム級のベルトをかけた一戦、ニール・マグニーとマイク・マロットの戦いなど多くの目白押しカードが並んでいる。2024年のUFCはここから始まるといっても過言ではない大会 UFC297!日本では1月21日日曜日の8時から始まるのでぜひ一緒に見て盛り上がろう!



格闘技におすすめのブックメーカー


 

ステーク

UFCの試合にベットして、選んだ試合に負けた場合には賭け金額が返金になるキャンペーンを実地中!(2024年12月31日まで)

最低賭け金: $5 USD


 

ビージーゲーム

ベットできる競技の多さやオッズの高さなどは、トップクラスのブックメーカーにも引けを取らない。

✅オッズがいいと評判



 

カジ旅

20セント以上のベットで、カジ旅オリジナルのスポーツアイランドでさらに遊べます。オリジナルボーナスもゲット可能!

✅オッズの高さでは群を抜いている





Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page